2003年05月20日

コビの日本滞在記(5)

kobijapan05.gif

コビ歓迎大宴会の翌朝、うちのオヤジとコビの会話...

「ははは、コビも二日酔いか、ま、向い酒にビールでも飲め飲め」
「THANK YOU」
「アメリカではこういった向い酒のことを何て呼ぶんだ?」
「...MEDICINE(薬)」
「ガーッハハハ、そりゃいいや!ほいコビもっとメディスンを飲みなさい!」
「アリガト」

そして朝からまた宴会...
posted by コリスイン at 12:00| コリスケ

2003年05月19日

コビの日本滞在記(4)

kobijapan04.gif

週末に鎌倉めぐりをするためにオレの実家にやってきたコビ、身ぶり手ぶりでウチのばあちゃんから菓子パンとコーヒーをゲット。

...お〜、すげぇ...ふたりとも
posted by コリスイン at 12:00| コリスケ

2003年05月17日

コビの日本滞在記(3)

kobijapan03.gif

両国へちゃんこ鍋を食べに行って来ました。元々相撲部屋だったものを作り替えた料理屋だそうで、店のど真ん中に土俵があったりしまして、そこで相撲甚句を歌ってくれたりするんです。コビも「ドスコーイ、ドスコイ」って喜んで合の手を入れてましたよ。

「こんなヘルシーなものを食べて太ってるから相撲取りは強いんだね」
「相変わらず訳の分からないことを言うよなぁ、コビは」
posted by コリスイン at 12:00| コリスケ

2003年05月16日

コビの日本滞在記(2)

kobijapan02.gif

「お座敷は足がシビれていやだなぁ」と丸干しイワシの頭をかじりながら呟く。
posted by コリスイン at 12:00| コリスケ

2003年05月15日

コビの日本滞在記(1)

kobijapan01.gif

サータアンダーギがうまーい!
posted by コリスイン at 12:00| コリスケ

2003年05月05日

カロプリーズ。子供の日!

kptango.gif

「カロタンでーす」
「プリタンでーす」
「端午の節句ですね」
「子供の日だよー」
「子供の日といえば...」
「ちまき〜、柏餅〜」
「それじゃカロプリーズ風ちまき、作っちゃう?」
「ちゃうー」
「じゃあ、まずはアメリカのスーパーで笹の葉の代わりになるものを探しましょう」
「えー、なになに?」
「乾燥とうもろこしの皮」
「とーもろこしのかわ〜?」
「うん、コーンハスクって名前で売ってますよ」
「ふぅーん」
「それをお湯でもどしまーす」
「はーい」
「そしてその中に炒めた豚肉を固めに茹でたコーンミールとラードを混ぜたもので包んで...」
「ちょっと待ったー!」
「ん?」
「それ、ちまきじゃなくてタマレスでしょう、メキシコ料理の!」
「あ、分かっちゃいましたぁ?」
「分かるよー」
「ついでにCINCO DE MAYOもお祝しちゃおうって作戦でーす」
「おー、ビバ!シンコ・デ・マヨ!」
「わーい」
「わーい」
「わーい」
posted by コリスイン at 12:00| コリスケ

2003年05月01日

おうちで横丁気分

espresso02.gif

メールや掲示板で助言をいただきありがとうございました。100円ショップで焼き網を買って来て、無事にエスプレッソを作れるようになりました。

「おしゃれなカフェ風味じゃな〜い」とジタバタしてる人が若干一名ほどいますが...
posted by コリスイン at 12:00| コリスケ

2003年04月28日

おうちでカフェ気分

espresso01.gif

小さくてかわいい1ショット用のエスプレッソメーカーを買ってきたけど...コンロに乗っからなーい!
posted by コリスイン at 12:00| カシコ

2003年04月27日

book01.gif

国際ブックフェアに行ってきました。初日に行った友人が「洋書がえらい安く売られてたよ」と言うので料理本などを探してきたのですが...うん、確かに安くて、30ドルとか20ポンドする本が1000〜1500円で売られていてかなり興奮しましたね。結局オレは8冊も買い込んでしまいました。この週末は読書三昧になりそうです。

「アメリカの料理本でおすすめはどれですか?」と訊ねられることがよくあります。そういうときにオレがまず第一に名前をあげるのは「JOY OF COOKING」です。レシピ本であれば他にも「BETTY CROCKER'S COOKBOOK」や「BETTER HOME & GARDEN COOKBOOK」が有名ですが、このJOY OF COOKINGは鶏のさばき方などレシピ以外の情報にも詳しいのですよ。アメリカではお母さんが娘の嫁入りのときにこの本を持たせるなんて話もよく聞きます。

アメリカの食文化を知りたいという方には「CULINARIA: THE UNITED STATES」がおすすめです。これはオレの大好きな本のひとつなのですが、ちょっとばかし難点がありましてね。えー、重いんですよ。3.6キロあります。あ、でも腕力をつけながらアメリカ料理について知りたいという人には打ってつけですね。
posted by コリスイン at 12:00| コリスケ

2003年04月22日

教授とコージと肉屋

nikuya01.gif

「教授!大発見です!」
「どうしたんだね、助手のコージくん」
「アメリカのお肉屋さんはコールドカットの種類が豊富じゃないですか!」
「ん?」
「それに比べると日本のお肉屋さんはコールドカットの種類が貧困ですよね!」
「あ、ああ...そうだな」
「ただ、その代わりに日本のお肉屋さんにはコロッケとかメンチカツとかポテトサラダとか、お惣菜が豊富じゃないですかー、で、アメリカのお肉屋さんにはそーいうのはないけどデリカテッセンにはマカロニサラダとかキッシュとかのお惣菜がありますよね」
「ふむ」
「つまりアメリカのお肉屋さんには精肉とコールドカットが売られていて、アメリカのデリではコールドカットとお惣菜が売られていて、日本のお肉屋さんにはお惣菜と精肉が売られているんですよ!つまりここに日本のお肉屋さん、アメリカのお肉屋さん、そしてデリカテッセンの三つ巴の構図ができるんです!!」
「そ...それが君の発見か!?」
「はいっ!」
「すっごいじゃないかぁー」
posted by コリスイン at 12:00| コリスケ