2003年08月27日

クラゲのアタマ

jellyfish.gif

最近よく行く中華料理店があります。オーナー夫婦は上海から来たそうで、料理はどれもこれも本格的にウマいのです。先日、今日は何を食べようかなぁ〜と考えながら注文をとりに来た奥さんに「何かおすすめはありますかいな?」と聞くと...

「クラゲのアタマね」
「クラゲのアタマ?」
「そう、アタマね」

ちょいと悩みながらそのクラゲのアタマなるものを頼んでみました。運ばれてきたものは普通のクラゲと同じ外観なのですが、切り方だけが普通とはちょっと違って...何と言いましょうか...キクラゲのような見た目でありました。んで、食べてみるとこれがウマいんですよぉ。普通のクラゲに比べてコリコリ感が強いのです。コリコリというよりカリッカリッてな感じで、何だか始めての食感にメロメロです。ただ疑問がひとつ。

クラゲの頭ってどこだ?

中華で出てくるクラゲなんて全部が頭だと思うんですよね。足の部分なんて食べないですしね。毒あるし。そこで奥さんが皿を下げに来た時に尋ねてみることにしました。

「クラゲの頭ってどの部分のことなの?」
「クラゲのアタマね」
「うん、頭の一番上の部分?」
「ううん、アタマね」
「いやクラゲって全部アタマでしょう」
「そうそう、アタマね」

...もういいです。
posted by コリスイン at 12:00| コリスケ

2003年08月14日

ひまわり

sunflower.gif

ひまわりが大好きです。

えー、オレがこんなこと言うとビジュアル的には合わないのですが...(笑)今くらいの時期、ひとに花を贈る機会があるときには大抵ひまわりを選びます。

先日の台風の日、自転車で近所の商店街に食料を買い込みに行ったのですよ。肉屋、八百屋、魚屋などでいろいろ買い込んだあと、花屋の前を通りかかるとそこにはマッキイロなひまわりがバババーッと並んでいましてね、「いや〜、きれいだねぇー」と思わず衝動的にひと束買ってしまいました。ところがふと自転車を見ると前カゴは野菜でパンパン、そしてハンドルの右には肉、左には魚の入ったビニール袋がぶら下がっているのですねぇ。さあどうしようと風がピューピュー吹く中で悩んでしまいました。

車でアメリカの山道を走っているとたまに嬉しくなっちゃうくらい広大なひまわり畑が並んでいたりします。このひまわりはみんな花屋に行くのかといいますと実は違うのですよ。これらは食用ひまわりなのです。

日本ではあまり見かけませんが、アメリカのスーパーのスナック売り場ではこのひまわりの種をローストしたものがよく売られています。結構ポピュラーなお菓子なんですよ。これ、映画の「エース・ベンチューラ」でもジム・キャリーがカリカリカリカリ食べていましたよね。

更にこの種からとれるサンフラワーオイルも売られています。うちの食用油もずーっとこのひまわり油を使っています。他の油と比べるとちょっと割高なのですが、この油を使うようになってから油料理で胸焼けをおこすことが全くなくなったので、オレの体に合っているのでしょうね。ただ単にひまわり好きの思い込みかも知れませんが...

そしてこの食用ひまわり、食用なもんで花がものすごくデカいんですよね。日本の花屋で売られているものは大体10センチくらいですが、その三倍くらいはあります。たまに夏にカントリーフェアなどありますと「デカいひまわりコンテスト」なんちゅうものが行われたりもするんですよ。そんなコンテストに出てくるものだと種の部分だけで30センチ以上のものがざらにあります。

昔からのオレの夢はですね〜、そんな馬鹿デカいひまわりを十本ほどの花束にしてひとに贈ることです。

カシコには断られました(笑)
posted by コリスイン at 12:00| コリスケ

2003年07月30日

モルトリカー

boyz.gif

さてさて、申し訳なくも久しぶりの「食に関する話」です。今回は...発泡酒について話しましょうか。

ビールは簡単に言いますと、水の中に麦と麦芽(モルト)とホップを入れて煮た上に酵母(イースト)を足して発酵させたものです。んでもって、日本のビールの基準は水とホップを除いた材料の2/3を麦芽が占めていなければならなくて、それ以下だと発泡酒になるそうです。

アメリカにも日本の発泡酒みたいなものはあります。これはモルトリカーといいます。普通ビールのアルコールは3.5%〜5%程度ですが、モルトリカーは5.5%以上のものが殆どで、すごいものになるとアルコール度数が8%近いものもあったりします。ビールに含まれるアルコールは麦芽糖や他の糖分が酵母と反応しあって生まれるのですが、糖分が多ければ多い程アルコール度数も高くなるのです。んでモルトリカーを作る時にはこの糖分(多分トウモロコシ糖)をンドバババーと入れているのですよ。このモルトリカーを水で薄めたようなものが日本の発泡酒ですね。

アメリカで発泡酒というとギャングの飲み物というイメージが強いです。90年代にハリウッドで良く作られていた「BOYS'N THE HOOD」を代表とするギャング映画などでも発泡酒を40ozボトルでラッパ呑みする少年たちが描かれていました。この40ozボトルってアメリカ版の大瓶ビールみたいなもので、日本でいうと日本酒の一升瓶といったところでしょう。あっ...そう考えるとBOYS'N THE HOODのモルトリカーをラッパ呑みするやつらが、沖縄の成人式で笑点みたいな着物を着た、あの悪ガキたちとだぶったりして(笑)

このモルトリカーの中にCOLT45というものがあります。ニューヨークで友だちからBYOB(お酒は各自持ってきてねの意味)のパーティーに招待されたときにオレはこのモルトリカーをデリで見つけ「ふ〜ん、珍しいビールだなぁ」とそのパーティーに持っていったのですよ。そしたら友だちがそれを見た瞬間に爆笑して「OH MY GOD!コリスケが酒じゃなくて拳銃を持ってきたぜっ!」と...

そっかCOLT45ってコルト45口径のことだったのかぁとその時になってやっと気付いたりしましてね。まぁ、それにしても物騒な名前を付けたものですよねぇ。ギャング受けを狙ったのでしょうか(笑)日本で拳銃の名前を発泡酒に付けたりしたら、きっと敬遠されるで...あ、マグナムドライ...

40ozボトル・モルトリカーのサイトです。
http://www.40ozmaltliquor.com/main.html
今このサイトを見たら結構物騒な名前がちらほらと...
posted by コリスイン at 12:00| コリスケ

2003年07月07日

七夕のカロプリーズ

kptanabata.gif

「こんにちはー、カロタンでーす」
「プリタンでーす」
「二人あわせてカロプリーズ、よろしくねっ」
「あれれ、あのヒゲの人とクルクルパーマの人はどおしたの?」
「うどんとカツオのことしか話さないんで、まぁた降ろされちゃったんだって」
「えーっ、でもしょうがないよねー、ウドンのことばっかりなんだもん」
「ねー」
「ねー」
「と、言うわけで今回からはずーっとぼくたちカロプリーズが担当することになりましたー」
「わーい、わーい」
「プリタン、今日は七夕ですね」
「願いごと、むにゃむにゃ」
「七夕というとそうめんを食べる地方が多いらしいですけど何でか知ってますか?」
「天の川のサラサラがそーめんみたいだからでーす」
「ぜんぜんはずれだし、サラサラは笹の葉です」
「いやーん」
「あのそーめんは織姫のように機織り(裁縫)が上手くなりますようにという意味で糸に見立てているんですよ」
「おお、そーなのですね」
「はい」
「それじゃあ彦星のように牛飼いが上手くなりますようにステーキを食べてもよいですねっ!」
「いや、全然よくないです」
「あーん」
「七夕って元々は中国から渡って来たんですけど、中国では七夕にいつもより味の濃い料理を食べるのだそうですよ」
「なんで、なんで?」
「織姫と彦星が再び別れたあとでも、一緒に食べたごはんの味をいつまでも覚えていられるよう、すんごくしょっぱーい炒めものやムチャクチャ甘〜いお菓子を食べたからだそうです」
「あ、あ、甘〜いお菓子!...プリタンはたった今、中国の七夕のほうが好きになりました!!」
「あらら〜」
「わーい!」
「わーい」
「わーい」
posted by コリスイン at 12:00| コリスケ

2003年06月17日

コビの日本滞在記(11)

kobijapan11.gif

どんなものでもウマそうに喰っちゃうコビの噂が広まり、色々な輩が、納豆、牛タン、鮑の肝など「こりゃぁ喰えねぇだろう」というものを喰いにコビを誘っていたのですが...

コビいわく「どれもこれも美味しいんだけど、カツオの刺身とウドンにはかなわないな」

君は四国にいきなさい。
posted by コリスイン at 12:00| コリスケ

2003年06月05日

コビの日本滞在記(10)

kobijapan10.gif

気のせいではないぞ、コビ。
posted by コリスイン at 12:00| コリスケ

2003年05月29日

コビの日本滞在記(9)

kobijapan09.gif

何でも喜んで食べていたコビですが、築地にあるセルフのうどん屋が特にお気に入りでした。

ここではうどんを注文するときに、あつあつ(茹でた麺に熱い出汁をかけたもの)、ひやひや(冷やした麺に冷たい出汁)、ひやあつ(冷やした麺に熱い出汁)のどれかを選ぶのですが、コビは毎度ひやあつを注文していました。なかなか通なものを注文するじゃあねえかと思っていたら...

「だって、ヒヤアツってシアツ(指圧---アメリカでも指圧は結構浸透してます)と似ていて言いやすいんだもん」
posted by コリスイン at 12:00| コリスケ

2003年05月27日

コビの日本滞在記(8)

kobijapan08.gif

今まで箸をとても上手に使って日本食をきれいに食べていたコビでありましたが、さすがにカレーうどんには苦戦したようです。
posted by コリスイン at 12:00| コリスケ

2003年05月26日

コビの日本滞在記(7)

kobijapan07.gif

コビとばあちゃんの二回目のコミュニケーション失敗。オレはシャワー室をばあちゃんに無理矢理開かれ、約30年ぶりにケツを見られる。

ついでにコビにも見られる。
posted by コリスイン at 12:00| コリスケ

2003年05月25日

コビの日本滞在記(6)

kobijapan06.gif

えー、冗談みたいな話なんですけどね。

「コビ、今日の昼飯は何喰いたいよ?」
「さすがに食べ過ぎ飲み過ぎが続いて胃の調子が悪くなっちゃって...」
「そりゃそうだよなぁ〜」
「今日は何か軽いものが食べたいな」
「んじゃ、蕎麦とか粥とかにするか?」
「いや、もっとお腹にやさしい食べ物がいいな」
「やさしいもの?例えば?」
「ピザとか」
「...ピ、ピザァ?!」

そーいえば、過去にもこんな話があったっけ。
posted by コリスイン at 12:00| コリスケ