2000年10月24日

TOFU: the meaty meatless meat

2kone.gif

Tofu has become very popular in America over the last few years.

アメリカでは、この数年で豆腐がとても有名になりました。

When people in the U.S.A. used to think of tofu, many of them would think of hippies in the 1960s, chewing away on their tastsless tofu and granola before going out to work at the communal farm. These days, tofu isn't just for vegetarians or hippies anymore. Many people enjoy tofu, not only because it tastes wonderful, but also for its health benefits.

アメリカ人に「豆腐」と聞いて何を思い付くかたずねると、多くの人が「1960年代のヒッピー*」と答えるでしょう。ヒッピーたちは畑仕事に行く前に「グラノラ」と呼ばれる焼いた麦や、味も付けない豆腐をそのままムシャムシャと食べていたそうです。近ごろでは、豆腐はヒッピーやベジタリアンたちだけの食べ物ではなくなりました。多くのアメリカ人は美味しいだけではなく、体に良いという理由で豆腐を好きになりました。

America is one of the fattest countries in the world and suffers a lot of health problems because of its fat intake. An American trend right now is concern with heart disease, fat and cholesterol, and using tofu and other soy products provides a great and healthy way to enjoy meat-like products without the fat.

アメリカ人は肉を良く食べるので、とても沢山脂肪をとります。そのために心臓の病気になる人も多いです。 今アメリカでは、心臓の病気にならないように脂肪やコレストロールをとらないようにしよう。 そして、豆腐や他の大豆で作られた食べ物を肉の代わりにとって、楽しみながら健康的な食事をしよう、と言うことが流行っています。

There's also good news for those vegetarian folks who have always liked tofu--there's been an explosion of tofu and soy-related cookbooks over the past ten years, with hundreds of new, appealing ways to cook with tofu and soy products.

さらに、もともと豆腐が好きなベジタリアンの人々にはもっと嬉しいことがありました。豆腐を食べることが流行ったおかげで、この10年間に沢山の大豆を使った食品の料理の本が売られて、何百もの新しい大豆や豆腐料理を知ることになったのです。

There are always some people who will look at tofu and think, "ugh," but many Americans are getting wiser to tofu's wonderful taste, flexibility in cooking, and great health benefits.

アメリカ人の中には豆腐を見て「ゲ〜ッ」と思う人もいますが、私達アメリカ人は、豆腐のその美味しさや料理のしやすさ、そしてとっても体に良いということをもっと知っていくでしょう。

昔、アメリカにはヒッピーと呼ばれる人々が多くいました。彼らはベジタリアン(菜食主義者 - さいしょくしゅぎしゃ)という、生き物を殺すのを嫌い、肉や魚を食べず野菜だけを食べて暮らす人たちでした。彼らは自然を愛して、電気やガスの通っていない山奥に住み、食べ物は共同の畑で育てていました。
posted by コリスイン at 12:00| コネリー