2000年06月23日

夏の料理

2kori.gif

アツイですね〜。日本の様に梅雨のないアメリカは、もう夏ですね。はい、今回は夏の料理の話です。

個人的に夏の料理と言うとラーメン、カレー、冷やし中華なのです。え〜と昔にですね、江ノ島の海の家でこの三品をとっかえひっかえで、ひと夏食べ続けたことがありまして、それから夏と云いますと上の三品が食べたくなります。「パブロフの犬」みたいなものですね。

さてアメリカで夏の料理と云えば、これは「お父ちゃんが裏庭でジュージュー焼いてるバーベキュー」だとオレは思います。最近は週末などに山ふもとの街を車で走っていますと、風に乗って炭火で焼いた肉の香りが鼻をくすぐります。更にKマートやウォルマートなどの大型日用雑貨店に行きますと、所狭しとバーベキュー用品が並びだしていますし、食べ物関係の雑誌はみんな、バーベキュー特集を載せ、スーパーマーケットの野菜、鮮肉売り場では「バーベキューに最適!」のサインを目にする様になります。

この炭火で焼いた肉と云うのはみんな好きですね。アメリカで良いステーキ、良いハンバーグと云うと肉の部位よりも、炭火で焼いているかどうかで決めたりもします。むかしブリンピーと云う大きなチェーンのサンドウィッチ屋の店員が毎日お昼になると、店の正面にあるバーガーキングにハンバーガを買いに行き、自分の店の客から「あんたの所でもハンバーガーを出してるのに何でバーガーキングに行くんだい?」と聞かれて「うちのハンバーガー炭火で焼いてないんだもん」と答えていました。正直というか、何というか...

何て書いてる側から、炭火で焼いた肉の匂いが漂ってきました。実は今日はコリスインの中庭でバーベキューでして、コビ(皿洗い)が一生懸命野菜や肉を焼いてます。オレはこの匂いを嗅ぐと海岸でサーファーのお兄ちゃん達がやる、やたらと玉葱の多いバーベキューを思い出しますねぇ。砂浜、太陽、海、夏...あ〜、カレーか冷やし中華が食べたい!
posted by コリスイン at 12:00| コリスケ