2000年06月12日

おフランスな日々 -後編-

2kuma.gif

さて、前篇で「フランスのいやみ貴族」はパリジャンだけと書きましたが、実はパリ以外にもいるんですね〜気取ったやろうが。それも日本の銀座あたりに。

老舗で名高く、いまどき珍しいジャケットとタイ着用のマキ○ムに。家族と先日、そこへ食事に行きました。味はさすがにまともでしたし、サービスの行き届いていて流石と思わせるものでし た。さて、食後に満腹で満足してついジャケットを脱いでウンコに行ったら、大変なめに。なんとトイレの外で店員が厳しい顔で私を待っているじゃないですか。しかも私のジャケットを無断で席から持ってきていました。そして「困ります。ポリシーです。」と怒られました。いいだろ、ウンコなんだから。だいたい人のジャケットを勝手に持ってくるのは「困ります。」 せっかく客が満足していい気分なのに、ぶち壊すことはないでしょ、他の客だって気にしてないと思うし。気にしたところで何なんでしょう。Yシャツにネクタイだけじゃ、無礼だと思う客がいたとしたら、えらい勘違いです。どうもここは客の満足より、店のプライドを重視するようですね。この気取った店から連想されたのは鹿鳴館ですね。気取ってれば良いと思っているんでしょうか。もう、過去の店ですね。二度と行かん。今度、サービスでは日本一と定評のあるホテルオークラのラ・ベルエッポックあたりでジャケットなしウンコしてきます。さて、どうなるか?ご期待を。
posted by コリスイン at 12:00| クマオ