2003年10月31日

アブラカダブラカロプリーズ

kppumpkin.jpg

「カロタンでーす」
「プリタンでーーーーーす」
「さあ今年もやってきましたハロウィンちゃんでっす!」
「はーい」
「今年のプリタンはフレディーですね」
「そうでーす...あれカロタンは...?」
「ヘルレイザーのピンヘッドです」
「ピンヘッドの割には刺さってるピンがビミョ〜に少ないような...」
「はい、じか刺しなので結構イタいのですよ」
「こ、こわっ!」
「さあハロウィン料理といいますと」
「パンプキンパーイ!」
「いいですねぇパンプキンパイ」
「おいしーです」
「でもこのオレンジのデカかぼちゃでは作れないんですよね」
「大きいかぼちゃはサクサクして味ないです」
「そうそう、でも実は食べられないけど...」
「え?」
「種は美味しいんですよ」
「たねぇ〜?」
「はい、取り出した種を洗ってから、オリーブ油と塩をまぶしてオーブンで焼きます」
「へー」
「歯で割りながら食べると美味しいおやつになりまーす」
「うーん、でも甘くないですねー」
「ん?プリタンは甘いお菓子が希望ですか?」
「はい」
「それじゃかぼちゃの種をそのまま素焼きにします」
「油も塩もなしですね」
「それを割って中身をクッキーの生地に練り込んで焼くと...」
「おおパンプキンシードクッキーおいしそー」
「チョコチップを入れてもよく合いますよ!」
「わーい」
「わーい」
「わーい」
posted by コリスイン at 12:00| コリスケ