2002年12月24日

PASTA MAGIC (1)

nanny01.gif

As I watch Nanny's hands fly over the table---CLACK, CLACK, CLACK---I can't help but believe that it is some kind of secret magic. The special rolling pin without handles, four inches in diameter and a full three feet long, moves like it is attached to invisible strings and continues the spaghetti ritual that had begun long before I was even born.

-------------------------

カチャンコ、カチャンコ、カチャンコ
ばぁばの手がテーブルの上を行き交うのを見て、わたしはそれがばぁばの秘密の魔法だと信じきっていました。太さは4インチ、長さは、優に3フィートはあろうその特別な麺棒にはハンドルはないものの、でも、それはまるで見えない糸で操られてるかのごとく動いて、わたしが生まれるずーっと前から行なわれてるスパゲッティーの儀式を続けてます。

-------------------------

Saturdays and Sundays are always special days, dedicated to making pasta for the week. The pasta always begins with the same humble ingredients: a few cups of flour, pinch of salt, one egg for each person's portion, a little water, and lots of love and practice.

-------------------------

土曜日と日曜日はいつも特別な日で、ばあばは家族のための一週間分のパスタを献身的に作っていました。材料もいつでも同じく質素なものでした。カップ何杯かの小麦粉、ひとつまみの塩、ひとり分に一個づつの卵、ちょっとの水、そして沢山の愛情と練習を混ぜ合わせるのです。

-------------------------

After rolling back the tablecloth, Nanny pours out the flour right onto the clean table and in the center scoops a little well. CRACK goes the eggs, one by one, into the center of the flour bowl. As each ingredient is added, Nanny knocks down the walls of the bowl into its center, a little at a time, until instead of flour full of wet, gooey eggs, there is instead a big mound of fresh spaghetti dough waiting for the rolling pin.

-------------------------

ばぁばはテーブルのクロスをめくり取るとそのきれいなテーブルの表面に粉を盛り、その粉の山のまん中を少しくぼませます。それでその粉でできたボウルのまん中にカパッカパッと卵をひとつづつ割り入れるのです。更にそれぞれの材料が加えられるとともにばーばはボウルの内壁を崩し、内側に練りこみます。卵でべちゃべちゃべとべとの小麦粉が、ばーばの麺棒を待つ出来立てのスパゲティー生地に変わるまで少しづつ。そう、少しづつ。
posted by コリスイン at 12:00| コネリー